飲む日焼け止め成分の効果・副作用まとめ〜ファーンブロック・ニュートロックスサン・PLエキス

飲む日焼け止め成分「ファーンブロック・ニュートロックスサン・PLエキス」効果まとめ UVケア

暑い季節になる前、3月くらいからも紫外線が日増しに強くなっています。UV対策に飲む日焼け止めを考えているみなさん、飲む日焼け止めに使われている日焼け止め成分について、どんな効果があるか知っていますか?

どんな成分が日焼け止めとして効果を発揮し、肌を守ってくれるのでしょうか?

今回は海外、国産ともによく使われている飲む日焼け止めの主成分「ファーンブロック、ニュートロックスサン、PLエキス」について徹底解析します。

飲む日焼け止めのメリット・デメリットはこちらの記事を参照にしてくださいね。
[kanren postid=”2247″]

飲む日焼け止めおすすめランキング10はこちら
↓↓↓
飲む日焼け止めおすすめランキング10〜成分量と価格を徹底分析!

飲む日焼け止めを飲む前に、商品を手に取る前に、理解して納得して使った方が安心感ありますよね^^

ファーンブロック(Fernblock®)

ファーンブロック シダ植物由来の成分

Cantabria(カンタブリア)社のFernblock®は、ハーバード大学のフィッツパトリック博士の研究チームによって15年以上かけて開発されました。

フィッツパトリック教授

中央アメリカのシダ植物(P.Leucotomos:ダイオウウラボシ)から抽出した天然の特許成分で、日焼けによる赤みやダメージを軽減させ、熱傷による即時損傷を防止するだけでなく、皮膚ガン患者の為に開発されたという経緯があります。ヘリオケアで使われている成分です。

ファーンブロックは強力な抗酸化作用があります。太陽の光に過剰に当たると、メラニンの酸化を引き起こし、シミになってしまいますが、ファーンブロックは色素沈着を減らしてくれます。

ファーンブロックは、強力な抗酸化作用、免疫防御作用、細胞DNA保護作用、皮膚構造の保存の4つの特徴的な効能があります。(※詳細については、下のPLエキスをみてください。

シダの成分は何世紀にも渡って、乾癬またはアトピー性皮膚炎のような皮膚の炎症性疾患の治療のための使われてきたという歴史があります。

このファーンブロックはUVA(紫外線A波)から皮膚を守ってくれるということが証明されていて、シミだけでなく、シワの予防、肝斑などにもオススメのとされています。

ファーンブロックの副作用は大丈夫?

ハーバード・メディカル・スクールで大規模な研究開発よって生まれ、多くの国際的な科学雑誌に発表された多数の臨床試験により実証されていて、実用から25年間、副作用の報告はされていません。

しかし、高いアレルギー性をもっているため、アレルギー体質の方はご注意ください。もともとアレルギー体質の方は、発疹などのアレルギーを引き起こす可能性もありますので、シトラス・ローズマリーから抽出した「ニュートロックスサン」を選択するなど、アレルギーの心配のないものをセレクトした方が安心です。

ファーンブロックを使用している飲む日焼け止め

ヘリオケア ウルトラヘリオケア ウルトラ。ファーンブロックが普通のヘリオケアの倍入っています。私はいつも個人輸入オンラインショップで購入してます。

海外製「ヘリオケア」シリーズの飲む日焼け止めです。
日本人向けに作られた「ヘリオケア ピュアホワイト ラディアンス マックス240」もありますが、こちらもスペインで製造されています。

ニュートロックスサン(Newtorox sun)

地中海スペイン沿岸産のシトラスとローズマリー

ニュートロックスサンは地中海スペイン沿岸に生息するシトラスとローズマリーのみから抽出した成分で、日焼けから細胞を守ってくれます。

日光を浴びると、体を錆びさせる(酸化)活性酸素が体内で発生し、それから体を守ろうとしてメラニン色素が出てきます。ニュートロックスサンはその活性酸素を除去するので、メラニン色素が発生せず、日焼けをしないという仕組みです。抗炎症と抗酸化作用が日焼けから肌を守り、肌の老化を遅らせます。

日光を浴びてしまった後でも、ニュートロックスサンを飲めば抗酸化作用が働くので、有効とのこと。

スペイン企業Monteloeder S.L.とNutrafur S.A.の科学チームが、天然植物の抽出および配合を共同で研究開発しました。その他、ムルシア大学やミゲル・エルナンデス・デ・エルチェ大学をはじめとする様々な大学や研究機関も携わっています。

ニュートロックスサンは飲み続けるほど効果が高くなる

ニュートロックスサンは飲み続けるほど効果がある画像引用:Nutrox Sun 科学的に証明された結果

本家スペインのニュートロックスの公式サイトによると、

「85日間ニュートロックスサンを飲み続けた場合、57日間より紫外線に対する肌を保護する力が160%増加した(34%→56.1%UP)」と結果を書いています。

[chat face=”frenchbulldog.jpg” name=”” align=”left” style=”type3″]つまり、ニュートロックスサンの日焼け止めとしてのパワーを最大限に出すには、約3ヶ月使い続けることが必要ということです。飲み続けた方が効果が高いということがわかります![/chat]

ニュートロックスサンの副作用は大丈夫?

ニュートロックスサンはシトラスとローズマリーから抽出された天然成分です。今まで副作用について報告されていません。

ただし、ローズマリーや柑橘アレルギーの方はご注意ください。

ローズマリーは子宮収縮作用があるので、特に妊娠中や授乳中の女性には注意が必要です。また幼児も身体が未発達のため注意が必要です。

ニュートロックスサンを使用している飲む日焼け止め

国産の飲む日焼け止めが多いです。

  • フラコラ
  • ホワイタス
  • ホワイトヴェール
  • メディパラソル
  • やかないサプリ
  • インナーパラソル16200

PLエキス

PLエキス ファーンブロックと同じ成分ですヘリオケアで使われているファーンブロックと同じ主成分であるシダ植物(P.Leucotomos:ダイオウウラボシ)のことです。ファーンブロックは技術に特許、名前に商標登録されているので、ファーンブロック名称を使えないだけです。

古代マヤ人は、血液クレンジング剤として飲んでいたといわれる。ホンジュラスでは今なお民間療法として使用されている植物。

引用:wikipedia

PLエキスは、ファーンブロックと同じく、

  1. 強力な抗酸化作用
  2. 免疫防御作用
  3. 細胞DNA保護作用
  4. 皮膚構造の保存

の効果があると言われています。

抗酸化作用:紫外線は皮膚癌や皮膚疾患の原因となる活性酸素やフリーラジカルを発生させます。PLエキスは強力な抗酸化作用を持ち、フリーラジカルや活性酸素の発生を抑制してくれる力があります。つまり、活性酸素を抑えて、シミやシワを予防する働きがあります。

免疫防御作用:紫外線を浴びるとランゲルハンス細胞(皮膚の刺激や脳への伝達、皮膚の均衡を保つセンサーの役目をする細胞)が減ってしまいますが、PLエキスを服用するとランゲルハンス細胞が正常に働き、日焼けや炎症による赤みを抑えてくれる働きがあります。

細胞DNA保護作用:PLエキスは紫外線によるDNA損傷を減少する効果があります。つまりPLエキスを飲むことで、皮膚癌などの皮膚損傷を予防できる可能性があります。

皮膚構造の保存:紫外線を浴び続けるとしみやたるみ、弾力がなくなる「光老化」がおき、「線維芽細胞」にダメージを与えます。このPLエキスの服用によって、線維芽細胞の変化や破壊などを減らし保護してくれる役目があります。

PLエキスの副作用は?

植物エキスなので、副作用はありませんが、ヘリオケアと同じように、高いアレルギー性をもっているため、アレルギー体質の方はご注意ください。

もともと花粉やアトピー体質の方は主成分がシダ植物由来でなく、シトラスとローズマリーから抽出した「ニュートロックスサン」を選ぶなと、アレルギーの心配のないものを選ぶ方がより安全です。

PLエキスを使用している飲む日焼け止め

国産製品:

  • noUV(ノーブ)
  • VIOCARE(バイオケア)

海外製品:

BIHAKUEN UVシールド

ファーンブロック、PLエキス、ニュートロックスサン製品ごと見分け表

ファーンブロック ニュートロックスサン PLエキス
ヘリオケア
ヘリオケア ウルトラ
ヘリオケア ウルトラD
ヘリオケア ピュアホワイト ラディアンス
フラコラ
ホワイタス
ホワイトヴェール
メディパラソル
やかないサプリ
インナーパラソル16200
noUV
VIOCARE
BIHAKUEN UVシールド

オレンジ文字は海外製品、みどり文字は国産ブランドです。

ファーンブロック(PLエキス)とニュートロックスサン どちらが効果が上?

ファーンブロックとニュートロックスサンの効果はどちらが上?

同じ被験者に、同じ期間だけファーンブロックとニュートロックスサンを飲ませて実験したというデータがないため、「どちらが効果がある」ということを言い切るのは難しいです。

それぞれの「飲む日焼け止め」は、研究機関で効果があると実証されているので、服用すべき数量と期間を守れば、きちんと日焼け止め効果があることがわかっています。

[chat face=”beagle.jpg” name=”” align=”left” style=”type3″]私が飲む日焼け止めを選ぶ時のポイントは、「日焼け止め成分の量、コスパ」を考えて海外・国産問わず選ぶようにしています![/chat]

 まとめ

飲む日焼け止めは「ファーンブロック」「PLエキス」というシダ植物から抽出した天然植物成分からできているもの、「ニュートロックスサン」というシトラスとローズマリーから抽出した天然成分からできている2つのタイプに分けられることがわかりました。

また、どちらのほうが効果が高い!とはっきりした実証がなく、自分の体質、コストパフォーマンスを考慮に入れ、飲み続けられやすいものを選ぶべきです。

こちらの記事、おすすめ飲む日焼け止めランキングを参考にしてみてくださいね!
[kanren postid=”2271″]

[kanren postid=”2273″]

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました