顔のたるみ大丈夫?シミだけでなくたるみに作用するレーザー治療のまとめ

肌のシミを気にする女性 美容クリニック治療

レーザー治療って、肌のシミ治療だけでなく、毛穴やたるみ、そしてハリにももちろん効果があります。

悲しいかな、30代後半、特に40をすぎると途端に顔のしわやたるみが気になるんですよね・・・。

レーザーってどうしても「焦げる!」とか「痛い!」というネガティブなイメージがつきものです。確かに、痛いレーザーは沢山あります。

それと逆に、あまり痛みがなく、肌のハリやたるみに効果のあるレーザー治療があるのです。

  • 肌にハリやたるみに効果のあるレーザーって痛いの?
  • 本当に効くの?
  • 費用はいくらいぐらいするの?
  • 施術後って、顔にあととか残らないのかな?

今回は、化粧品で肌をメンテナンスするのではなく、肌のハリやたるみに効くレーザー治療についてまとめてみようと思います。

化粧品でハリやたるみ引き締めればいいんじゃないの?

本気でそう思っていますか?

1万〜2万もする高い化粧品を使えば、肌にハリが出てたるみもなくなると思っていますか?

化粧品はあくまでも化粧品です。医薬品ではありません。

化粧品でたるんだお肌やシワを治療することはできません。できることといえば、化粧でシワやシミを隠すことはできます。

化粧品が皮脂膜として担う保湿効果は、どんなに一生懸命肌に化粧水やクリームを塗っても、たかだか1~2%程度しかないそうです

化粧品、水分を多く含んでいる化粧水には水分が腐らないように防腐剤が入ってますし、クリームには肌の奥に入り込むために、肌のバリアを壊してしまう界面活性剤が入っています。

化粧品は肌の根本から美しくするではなく、表面的に美しく見せるものではないでしょうか。

なぜレーザー治療がいいか?

化粧品ではたるみやしわは治せないからです。

化粧品アレルギーのある人には、化粧品はかなりの負担です。アレルギーがない人でも、正直化粧品は肌に負担だと思います。

20〜30代の若いうちにレーザーで治療をしておくと、たるみ防止になるとクリニックの方に言われました。

レーザー治療は費用もかかりますし、予約をしてクリニックに訪れるわけですから、正直誰でも手軽にできるものではないと思います。

また、外科的施術をするわけですから、絶対に事故がない・安全であるかとは言い切れません。

レーザーで肌の奥まで熱を入れたり、肌の表面の黒い部分に照射したり、するわけです。気をつけて施術しているでしょうが、先生や看護師さんを信じるほかないですよね。

化粧品にも「絶対」がないのと同じかもしれません。管理人のようにアレルギーが多い人は、化粧品かぶれで逆に病院での検査・治療で費用がかかったし、アレルギーに気づくまでは、ずっと何十年も顔が赤黒かったですから。

信頼できる医師・病院を選ぶ

だからこそ、外科的施術をするレーザー治療を選ぶときは、「信用できる医師がいるクリニックを選ぶ」これが一番です。

費用の相談もありますし、一度でパパッと綺麗になるわけでもなく、数回または継続的に治療をするわけです。

信頼できる医師・クリニックを選ぶには?

口コミも大事ですが、口コミだけに頼るのではなく、実際自分で予約をして、直接初回カウンセリングや診断を受けること。これが、とっても大事なことなんです。

私が行った初めてのクリニックの初診料は3000円ぽっきりでした。初診時、そのクリニックではそれ以外に費用はかかっていません。肌の写真をとり、先生に肌を見てもらい診断してもらう流れでした。

自分で実際初診をうけてみて、このクリニックなら!と納得したら、選べばいいわけですし、ここは違う、と思ったら、ほかを探せばいいわけですし、やめればいいのです

医師の人柄、クリニックの雰囲気、看護師たちの雰囲気、スタッフの肌の綺麗さ・・・

これがクリニックを選ぶ上で非常に参考になります。

肌の綺麗なスタッフ

私が訪れたクリニックは、美容スキンケアクリニックということもあり、スタッフ・看護師ともに年齢層が高く、居心地がよかったです。

若い、きらびやかな、整形だけを求めているようなクリニックだと、ちょっとひいてしまったかもしれません。

お客様を見てみると、ご夫婦でいらしている方、ご高齢のおじいちゃん、若い男性、サラリーマン・・・そしてもちろん若い女性からミドルエイジの女性たち、シニアの方、本当に幅広年齢層がいらしているのを見て驚きました。

綺麗になりたいのは、女性も男性も一緒なんですね!

聞いた話によると、女性より男性の方が早く肌が綺麗になるということでした。

なぜでしょう?

それは、女性は何十年も化粧を使ってきているからのようですよ

肌のハリやたるみを治療するレーザーって?

肌のたるみやはりを改善する、たるんだ肌を引き締める効果があるレーザーがありますので、いくつかご紹介します。

ジェネシス

米キュテラ社が開発したレーザー。Nd:YAGレーザーとも言います。
表皮層に働きかけ、肌の代謝を促すことで、毛穴の開き、くすみ、小ジワ、赤ら顔などを改善します。コラーゲンも増えるので肌のキメが整いハリが戻ります。

フォトRF

フォトフェイシャルと同じくアメリカのビター博士によって考案・開発されたレーザーです。パルスライト(光エネルギー)とRF(高周波エネルギー)を組合せることによって、お肌にダメージを与えることなく、お肌を抜群に改善していきます。

サーマクールCPT

真皮に高周波で熱を与えコラーゲン繊維を縮めることによって、たるんだ肌が引き締めることができます。さらに高周波の刺激を受けたコラーゲンが増産され、しわやたるみに効果を発揮します。

タイタンXL

米キュテラ社が開発したレーザー
真皮層内にある水分に熱を吸収させ、熱による刺激でコラーゲンを収縮させ、たるみを改善することができます。

など・・・があります。

タイタンXL出典:キュテラ社タイタンXL サーマクールサーマクール 出典:thermage

上にあげたタルミやハリに効くレーザー治療以外も豊富な種類があります。世界、特にアメリカや韓国では美容レーザーの開発が進んでおり、次々に新しいレーザー機器が開発されているとのことです。

ハリやたるみに効くレーザー治療って痛い?

ものによります。

ジェネシスは顔に我慢がでいる暖かさのろうそくのロウがポタポタと垂れてくるようなイメージのレーザーで、気持ちよくて眠くなってしまうくらいのレーザーです。

そのレーザー、やめないで〜〜と思うくらい気持ちいいのです。

海外のハリウッドセレブなどは、レセプションパーティー等がある日は、事前にこのジェネシスを受けてくるという記事も見たことがあります。

それだけ速攻性もあり、意味みもなく、肌を与え、レーザーのダウンタイムがないから直前に受けても全く問題ないということなんでしょうね。

タイタンやサーマクールは若干痛みがあります。(人によって感じ方が違うのと、出力レベルによっても痛みが違います)

肌に冷たいジェルを塗って施術していったり、肌を保冷剤のようなもので冷やしながらやる施術もありますので、痛みを感じにくくなっているように工夫がされています。

しかし、全く痛みがない、というわけではないので、痛みに弱い方は先生に相談されるといいですよ。(私は痛い施術の方が、肌に効くような気がしてなりませんw)

レーザーによる治療の違いと特徴

ジェネシス フォトRF タイタンXL サーマクールCPT
照射する対象範囲 角質から表皮層 表皮から真皮層 真皮層 真皮層
ダウンタイム なし なし なし  ほぼなし
たるみ
小じわ
しみ × ×
毛穴 ×

費用について

レーザーのショット数、クリニックにより金額がかなり変わってきます。

また、いろいろ先生がカスタマイズしてレーザーを選んで照射してくれるクリニックもあるので、一概にサーマクールは◯◯円とは言い難いところがあります。

私が行ったスキンケアクリニック(美容整形外科ではありません)は、人によって肌の質・状態を見てくれて、それに医師がカスタマイズして治療方針を決めてくれます。ジェニシスやCO2レーザー、イオン導入など様々カスタマイズしてれて、金額は診療だけで2~4万とのことでした。(治療方針によって違います)

そのほかに、ビタミン類などの内服薬や乾燥がひどい方のために、クリームやローションも出してくれるようです。

レーザー治療 施術動画

どんな感じでレーザー治療が行われるのか、動画で確認してみましょう。

ジェネシス

なんだかポカポカして気持ち良さそうですね。

フォトRF

肌のはりの復活だけでなく、にきびあとや美白にも効果があるんですね。

タイタンXL

タルミをリフトアップし、小顔を目指すならタイタンXL。

サーマクールCPT

継続的に施術を受けたいサーマクールCPF。

まとめ

いかがでしたか。たるみ、気になりますよね・・・。

顔の体操をせっせとやっても、なかなか顔のたるみって改善しません。

痩せたところで、年齢を重ねてくると、ただ顔の頬がこけるばかりで、ふっくらしたハリのある顔になれなくなってきます。みな少しずつ、誰でも・・・。

私もクリニックに伺った理由は自分の為ではありませんでした。

子供の傷隠しのために伺ったはずだったのに、私がレーザーを受けることに・・・(笑)

レーザーってやみつきになるんです。なぜなら、綺麗になることが目み見えて実感できるからです。

クリスマスや年末年始の大イベントの前に綺麗なりたい、綺麗であり続ける自分でいたいから、メンテナンスして、自分らしく生きたい。

そう思うのであれば、化粧もいいですが、クリニックのドアを叩いてみてもいいのではないでしょうか。レーザーは整形ではないのです。お肌のメンテナンスです。

化粧品で肌をメンテナンスしていくか、クリニックに通って根本からメンテナンスしていくか、この違いです。

肌断食・宇津木式スキンケアを実践中の身として、レーザー治療はあまり抵抗がありませんでした。

なぜなら、宇津木先生の書籍内ではシミやたるみの治療は積極的に外科的施術をうけることをおすすめしているからです。

一度レーザーを受けてみて、それからもう二度とシミを作ららにようにしよう!たるむ前に、レーザーをあてて肌のメンテナンスをしてみようと思い、レーザーを受けてる決心をしました。

クリニックで施術してもらうと、自分への投資って大事だなあ〜ととても実感できますよ。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました