【肌断食】石けんで落ちるミネラルファンデーションおすすめ5選!メリット&デメリット

ミネラルファンデーションまとめ完全網羅!肌に優しい?デメリットは? 肌断食

「ミネラルファンデーション、使ったことありますか?」

肌断食をしている方でも、もしかしたらいざって言うときにするファンデが必要だったりする時があるんじゃないでしょうか。

肌断食をしている私もそんな時のために、いくつかもっています。それに肌断食を始めたばかりの時は、すっぴんに自身がなく、人と会ったり会社に行く時は、ミネラルファンデが手放せませんでした。

今まで使用したミネラルパウダーも含め、

  • 石けんで落とせるか
  • ミネラルパウダーのカバー力
  • 肌に優しいか
  • 薄づき
  • 値段

といった観点でおすすめミネラルファンデを解説いたします。

薄付きとはいえ、肌のアラをさっと隠してくれるスグレモノです。また、日常の日焼け止めにピッタリなSPFなので日焼け止めパウダーとしても、薄化粧をしたいときにぴったりなのは、ミネラルファンデーションですよ。

石けんで落ちるミネラルファンデーション おすすめベスト5

まずは肌断食・宇津木式スキンケア実践者の目から見た、おすすめミネラルファンデーションをご紹介します。

ランキングの評価の視点は

  • 石けんで落とせること
  • 肌に優しい処方のこと
  • 持ち

この3点を重視して選んでいます。

4位 レイチェルワイン ミネラルファンデーション


レイチェルワインといったらなんといっても、柔らかい紫色のブラシ!私は何よりもこのブラシに惹かれました。(ちなみにブラシは別売りです)
パフ派の方も魅了されるくらいフワッフワのブラシです。その代わり、こな飛びを防ぐために、初めからパフがついています。外出先のおな押しも実はこのパフで済ますことができます。また、こちらのミネラルファンデはSPF27 PA+++もあり、日焼け止めも兼ねてしまいます。色も12色あります!

容量 4.5g
12色
SPF SPF27 PA+++
全成分 マイカ、酸化亜鉛、酸化チタン、シリカ、酸化鉄、ラウロイルリシン、水酸化Al
価格 3,000円(税抜き)

\レイチェルワイン ミネラルメイクアップトライアルセットのご購入はこちら/
[btn]レイチェルワイン【ミネラルメイクアップ トライアルセット】[/btn]

ブラシを使ったミネラルパウダーファンデーションの塗り方

レイチェルワイン創業者のレイチェルさん自らブラシを使ったファンデーションの塗り方を公開しています。ブラシを使ってファンデを塗る方、必見です!(外国の方ですが、日本語堪能です)

3位 オンリーミネラル ファンデーション

オンリーミネラル ファンデーション

画像引用:オンリーミネラル

定番中の定番、ミネラルファンデーションといえばオンリーミネラルのこのファンデーションです。成分も4つのミネラルのみ!本当にシンプルで、安心して使えます。つけたままで眠れるほど肌に負担がなく、もちろん石けんで落とせます。こちらのメリットは18色も展開があること、そして艶タイプかマットタイプかを選択できることです。自分の肌にあう、シンプルで優しいミネラルファンデを見つけることができます。

使ってみた感想

一番最初に購入したミネラルファンデーションです。シンプルイズベスト!全成分を見てもらってもとにかく成分が少なくシンプル。できるだけ肌に何もつけたくなかった私はこの成分の少なさに惚れました。SPFも17と他よりちょっと低めですが、お肌に余計なものを与えないのが一番だと思いました。つけるときはミニブラシを使っていましたが、100均でパフを買ったり、ティッシュで薄くつけたりしてなるべくこすらないようにして使いました。薄ら化粧、という感じでした。

容量 6g
18色
SPF SPF17・PA++
全成分 マイカ、酸化チタン、酸化鉄、酸化亜鉛
価格 3,300円(税抜き)

\オンリーミネラルファンデーションのご購入はこちら/
[btn]オンリーミネラル ファンデーション[/btn]

2位 etvos ディアミネラルファデーション

etvosデイミネラルファンデーション
etvosはブラシでつけるタイプのミネラルパウダーファンデーションです。美容皮膚科やサロンでも採用されるほど定評のあるミネラルファンデです。etvosの使用している「マイカ」は粒度が細かく精度が高いため、夕方まで変色せず、くすみ知らずです。SPF25 PA++もあり、日中の日焼け止め対策にも使えるので、日常使いに最適です。

容量 5.5g
5色
SPF SPF25PA++、普段の生活紫外線をカット
全成分 マイカ、シリカ、酸化亜鉛、ステアリン酸、酸化チタン、水酸化Al、酸化鉄
価格 3,000円(税抜き)

\エトヴォス ディアミネラルファンデーションのご購入はこちら/
[btn]エトヴォス ディアミネラルファンデーション[/btn]

1位 ヴァントルテ ミネラルシルクファンデーション

ミネラルシルクファンデーション
「つけたままで眠れて石けんで落ちるファンデ」で有名なヴァントルテのミネラルファンデーション。
石けんで落ちる・付属のパフでお肌に優しくつけることができるます。パフが柔らかく、ブラシなどと違って肌をこすらない分、パフでつけるミネラルパウダーファンデーションはオススメです。
また、酸化チタンと酸化亜鉛は、活性酸素を防ぐ目的でコーティングされているとのことです。(以前ヴァントルテさんに確認済み)
カバー力はいわゆる普通のファンデと比べるとありません。肌のトーンを均一にし、肌を綺麗に見せてくれます。普通のファンデ違って、余計な油分が入っていないので、夕方になってもくすみずらいです。
SPF20程度ということで、日常の紫外線予防ができますね!
全成分:マイカ、酸化亜鉛、酸化チタン、シリカ、シルク、水酸化Al、酸化鉄

使ってみた感想

何より、柔らかいパフでお肌にそっとタッチできるというところがこの商品を購入した決め手でした。宇津木式スキンケアを実践しているクリニックでも「肌はこすらない」が鉄則です。ブラシだとどうしても肌をこすってしまう・・・。そこで柔らかいパフが付いていて、しかも酸化亜鉛やチタン等、金属がコーティングされているヴァントルテ!ということで気に入りました。

他と同じように薄づきですが、多少濃くつけたいところは重ね付けしたり、etvosさんのコンシーラー使った上にこのミネラルファンデをつけてしっかり目につけたりして、顔色がよくない日にはよかったです。ただし、つけすぎもそうですが感想しやすいので、下にワセリン(サンホワイト)をつけてミネラルファンデをのせていきました。

容量 6g
5色
SPF SPF25PA++、普段の生活紫外線をカット
全成分 マイカ、酸化亜鉛、酸化チタン、シリカ、シルク、水酸化Al、酸化鉄
価格 3,300円(税抜き)

\ヴァントルテ シルクファンデーションのご購入はこちら/
[btn]シルクパウダーファンデーション[/btn]

ミネラルファンデーションについて

ミネラルファンデーションについて

ミネラルファンデーションって何?という方のためにミネラルファンデについて簡単に解説いたします。

ミネラルパウダーは、天然の鉱物のミネラルからできているため、ミネラルファーンデーションと呼ばれています。もう、そのまんまですね。

日本においては明確な定義が存在していない。

主成分がミネラルであることはその定義の一つとして挙げられるが、それ以外の成分がナチュラルであろうとなかろうと、ミネラルファンデーションと標榜することが可能となっている状態である。

ミネラル成分が数%しか配合されていなくてもミネラルファンデーションと標榜することが可能であることから、商品により品質に大きな差が出てしまっているのが現状である。

引用元:Wikipedia ミネラルファンデーション

日本におけるミネラルファンデーションは曖昧で、「ミネラルが入っていればミネラルファンデーションとしてもおかしくない」といった所のようです。

それであればなおさら、製品ごとに全成分をよくチェックして購入したほうがよさそうです。

ミネラルファンデーションの主な成分

  • マイカ:アイシャドーなどに入っているキラキラしている鉱物。雲母)
  • 酸化亜鉛:白色顔料。紫外線防止効果UVBがある)
  • 酸化チタン:白色顔料。紫外線防止効果UVAがある)
  • 酸化鉄:顔料。黒、赤、錆色などの色がある)

となっています。

手作り化粧品専門店などを覗いてみると、マイカも酸化鉄も全ておなじみの鉱物です。

これらの鉱物を調合して手作りでパウダーやアイシャドーなど作れるのですが、そういった一般人でも扱える安全性の高い鉱物を使ってミネラルファンデーションができているということは、安全面でも安心ですね!

私はマイカなどをネットで購入して、以前はアイシャドーなども自分で作っていました☺

ミネラルファンデーションのメリット

固形石けん

石けんで落とせるものが多い、とことが一番のメリットではないでしょうか。

肌断食、宇津木式スキンケアのやってはいけない一番の行為は

クレング剤を使って化粧を落とすこと」です。これが肌を一番ボロボロにします。また基礎化粧品で潤いを補ったりもしません。

ということは、石けんで落とせる = お肌に負担をかけにくいということが最大のメリットです。

それ以外のメリットとして

  • 肌に負担をかける成分が入っていない
  • 自然の成分で紫外線を防ぐことができる

ということです。

基本、ミネラルパウダーファンデーションは、

  • パラペンなどの防腐剤が入っていない
  • 紫外線吸収剤が入っていない
  • 香料・着色料を使っていない
  • 界面活性剤を使用していない
  • アルコールを使用していない

のです。ミネラルリキッドファンデーションは防腐剤等が入っている可能性があるので気をつけてください。リキッド、つまり水を使っているものは、水を腐らせないように防腐剤がしっかり入っています。

ミネラルファンデーションのデメリット

肌断食をやっている、やっていないに関わらず、

「普通のファンデーションと違って、若干カバー力がない」と言われる点です。

それは仕方のないかもしれません。それだけ成分も少ないわけですし、肌のことを考えた作りになっているため、シンプルにシンプルに作られています。

肌は化粧で隠すものではなく、「肌そのもをキレイにする」というように考えを変えたほうがいいです。

また、成分が天然の鉱物になっています。金属アレルギーの方には、もしかしたら酸化亜鉛や酸化鉄が合わない方がいるかもしません。

酸化鉄の中にも、ニッケルが微量に含まれているようです。私はニッケルアレルギーがとても強いのですが、それを知らずに使っていました。

しかし、普通に使用している分には、今までアレルギー反応が出たことがなく、何事もなく過ごすことができました。

とはいえ、人によって症状や状況が違うと思いますので、アレルギーの方や疑いのある方は、注意してご利用くださいね。

こういったデメリットはありますが、薄ずきで肌を美しく見せるようにできているので、ミネラルファンデを塗る・塗らないでは全然違うんですよ!

ミネラルファンデーションの種類と肌断食ユーザーへのオススメの種類は?

ミネラルファンデには

  • パウダー
  • リキッド

の2種類があります。昔はパウダータイプが主流でしが、ここ最近ではリキッドタイプのミネラルファンデーションもあるんですね。

肌断食をしている方には特に、パウダータイプのミネラルファンデーションをオススメします!クリームタイプは乳化剤や界面活性剤を使っているため、肌断食の肌にダメージが大きいです。

できるだけ水分の入っていない、石けんで落とせるパウダータイプのミネラルファンデーションをオススメします!!

まとめ

いわゆるファンデーションと違って、確かにカバー力は劣ります。成分を比べてもわかると思いますが、基本、ミネラルパウダーファンデーションには界面活性剤、紫外線吸収剤、香料や着色料、鉱物油やシリコン系オイルなどの添加物は入っていません。(ミネラルでもリキッドファンデーションになると一気に成分が増えます。)

私は肌断食・宇津木式スキンケアを始めてからは1年間くらいはずっとミネラルファンデーションが手放せませんでした。

今では山登りするときや、プールや海などのアウトドア時にミネラルファンデーションをするようにしています。

日焼け止めクリームなども天然の鉱物の元々持っている力を利用している紫外線をはね返しているわけです。

ミネラルファンデを使うと、天然の持つパワーを感じられるし、シンプルっていいな〜と感じること間違いなしです。このシンプルさ、に共感できる方はきっと、ミネラルファンデがぴったりだと思います。

[kanren postid=”598″]

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました