【カウブランド無添加石けんレビュー】美容皮膚科オススメ純石けん【肌断食】

純石けん 肌断食

肌断食を初めてちょうど4年と少しが経ちました。

洗顔フォームやクレンジングをやめ、純石鹸のみで顔や体を洗っています。これ!と決めたものがあるので、非常に楽です。

これを使うようになったのはお世話になっている美容皮膚科クリニックでこの石けんを販売しているからです。

これ一筋!絶対オススメの「カウブランド無添加せっけん」

カウブランド無添加せっけん

カウブランド無添加せっけん、一筋です。我が家は家族全員でこのカウブランド無添加せっけんを使っています。

香りもなく、無印の泡立てネットで泡をモコモコにして顔と体を洗っています。美容皮膚科クリニックでもこれが使われているのを知って、私もこれを使うようになりました。

洗い上がりは、さっぱりです。しっとりもせず、それがいい感じです。石鹸に潤いを求めていないので、何もない、さっぱり洗えるが本当にちょうどいいのです。

このカウランド無添加シリーズは、洗顔フォームも売っていますが、肌断食、宇津木式スキンケアを断行している身としては使いません。

カウブランド洗顔フォームの全成分


それでは、手軽に洗うことができる洗顔フォームの成分をまず見てみましょう。

全成分を調べてみました。

水 、ミリスチン酸K、グリセリン、ステアリン酸
ミリスチン酸 、ベヘン酸 、ジステアルジモニウムヘクトライト、ココイルメチルタウリンK、ステアラミンオキシド、クエン酸

いろいろ入っていますね〜。

ジステアルジモニウムヘクトライト:粘土系増粘剤
ココイルメチルタウリンK:弱酸性のアミノ酸洗浄成分で合成界面活性剤
ステアラミンオキシド:合成界面活性剤

こんな感じでした。

このフォーム自体には水分が多量に含まれており、それが腐らないように維持し続けるためには防腐剤や化学物質を多量に入れなくてはいけません。これらの物質はお肌にとってないほうがいいに決まってると美容皮膚科の医師もおっしゃってました。

カウブランド無添加石けんの全成分

そして、カウブランド無添加せっけんの全成分も調べてみました。

石ケン素地

以上。

この固形石けんのように余計なものが入っていない方が、断然お肌に優しいです。水分が含まれていない固形石けんは腐りません。だかた固形石けんには防腐剤はいりません。

宇津木式スキンケアの宇津木先生も行っていましたが、合成界面活性剤が肌のハリアを破り、そのときに肌の奥に保湿成分とともに防腐剤等の化学物質も侵入するのです。それらが宇宙一保湿力の高い、生来人間が持っている肌の保湿因子を破壊してしまいます😑

あなたは、どちらを使い続けますか?

私はこの固形のお値段も安い、シンプルな無添加せっけんを使い続けます👍


>>>Amazonで探す場合はこちら↓
牛乳 カウブランド 無添加せっけん3コパック

カウブランド無添加石鹸

こんなガラス瓶に入れてしまうと、ただの真っ白な石鹸もちょっとだけおしゃれな感じになりますw
カウブランドの純石鹸以外もいくつか使っていました。

いずれも悪くないです。シャボン玉浴用もカウブランドと同じの石ケン素地100%でできています。なぜこれを使わないかというと、近くのドラッグストアに売っていないから・・という、残念な理由があります。

Amazonで買ってもいいのですが、上のカウブランドの場合、店頭の方が安く買える時もあるので、Amazonの定期便やパントリーにはのせていません。

ねば塾 白雪の詩ですが、浴室に置いておくと、トロトロしてしまう・・・という点でしょうか。成分にグリセリンが入っているからだと思います。

企業ポリシーは素晴らしいですよね。石鹸も素朴でなんだか味わい深い商品です。

やはり私は石鹸は石ケン素地100%しか求めていません。保湿成分は石鹸には必要ないと思っています。ちなみにこの白雪の詩はいわゆる化粧石鹸ではありません。

目的としてはキッチンソープの部類に入るのでしょうか。@コスメさんもみなさん、洗顔用で使われている方多いですが。

まとめ

余計なものが一切なく、ただシンプルに洗ってくれる。皮脂を取りすぎない。

それが一番肌にとって優しいんじゃないでしょうか。

余計な物質が肌への負担へとなりかねません。

カウブランドの無添加せっけんは家族みんなで、体も顔も全身使えるので、本当に使いやすい石鹸です☺

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました